FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016年活動報告

(掲載日:2016年11月9日)
2016年は、2回のツアーを行いました。

第1回:アルツ磐梯スキー場
平成28年1月23日(土)~1月24日(日)
宿泊先:星野リゾート磐梯山温泉ホテル
昨シーズンの猪苗代ツアーに引き続き、今シーズンも福島県を訪れました。お子さん連れのご家族など含め、参加者21名という、近年にない大パーティとなり、幹事としては嬉しい限りでした。東京から東北新幹線で1時間あまりの郡山駅、そこから送迎バスでホテルに到着。すぐにホテルの目の前のゲレンデで滑走開始。磐梯山、猫魔ヶ岳を仰ぎ見るアルツ磐梯スキー場は、南東北最大規模のゲレンデであり、初心者やファミリーから上級者まで楽しめるスキー場でした。
滑走後はホテルの温泉に入り、ビュッフェ形式の美味しいディナーを全員で楽しみました。
2日目も引き続き滑走。ホテルには温水プールもあったので、スキー場ですが泳いだ方もいました。子供たちも彼らだけのパーティで滑り、なかなか冒険したようです。楽しんでもらえたようなので、来年も参加してくれれば有り難いです。
DSC00054-10.jpg

第2回:たざわ湖スキー場
平成28年3月4日(金)~3月6日(日)
宿泊先:プラザホテル山麓荘(本館・西館)
第2回は秋田県の田沢湖です。1泊2日の第1回があれほどの大パーティになったので、2泊3日の今回、どれほどの人数が集まることか! と期待しましたが参加者8名(笑)。例年の2泊ツアーに比較するといささかこぢんまりとしたパーティになりましたが、その分自由がききました。
東京から秋田新幹線で田沢湖駅まで約3時間、そこからさらに路線バス40分ほどでホテルに到着。スキーの準備をし、再び路線バスでホテルからゲレンデまで移動して滑走開始しました。ゲレンデのレストランで大垣先生、阿部先生と合流し、田沢湖を熟知する大垣先生に広大なゲレンデをご案内いただきました。山頂から田沢湖を一望。湖に向かって滑り降りる気分がとにかく最高でした。
2日目は、少人数なのをいいことに滑走を午前で切り上げ、午後はホテルでの休憩組、乳頭温泉へ行く温泉組に分かれました。
乳頭温泉郷は、バスの路線上に点在するいくつかの温泉の総称であり、温泉街といったものはなく、秘境のような鄙びた温泉郷です。バスの終点の「蟹場温泉」を選んで入浴したところ、湯の花の舞う白濁した湯で肌がすべすべになりました(笑)。
PIC_0005-25.jpg

PIC_0061-25.jpg

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鈴木大介

Author:鈴木大介
スキー同好会では、初心者からベテランのスキーヤー・スノーボーダーまで、気軽に参加できるスキー旅行会を毎冬1〜2回開催しています。同好会員に限らず、PA会員またはそのご家族友人であれば誰でも参加できますので、ぜひご参加ください。

●会長:村田実
●幹事:鈴木大介/田中勲

●入会方法:ここをクリック!

ご訪問ありがとうございます!
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
らくがき帳
リンク
アルバム
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。